咳が夜にでやすい | おくすりのめるかな☆。・。★・。

<< 一店逸品はじまりました!! | main | 阪神負けた。。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
咳が夜にでやすい
JUGEMテーマ:健康


秋めいてきましたね。
風邪もぼちぼち流行り始めています。皆さん気をつけて下さい。

さて、風邪をひいて咳が出ることありますよね。
夜のがひどい気はしませんか?

いろいろな要因があるとは思いますが、一つ大きな要因に自律神経の影響があります。自律神経は体のバランスをとる神経で交感神経副交感神経の2つがあります。交感神経は体が活動する環境をつくる神経、逆に副交感神経は体が休息する環境をつくる神経です。

というわけで、夜寝るときになると副交感神経が優位に切り換わります。活動から休息にむかえば、必要とする酸素の量も減ってきます。副交感神経は呼吸するときの空気の通り道である気管支を狭めてしまうのです。普段ならそれでも何ともないのですが、風邪をひいているときは気道に痰がいっぱいついているので、咳をして外部に排出しようとするというわけです。

そこで、お薬の登場!
メチエフ散もホクナリンテープも気管支を広げる薬です。
気管支を広げるということは咳を少なくするのに理にかなってるというわけです。

ホクナリンテープは面白い薬ですよ。
次回はその話題を紹介してみます。
お楽しみに楽しい
| 薬局の真面目なお話 | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:14 | - | - |
コメント♪
コメントしませう♪









この記事のトラックバックURL♪
http://ninapharma.jugem.jp/trackback/410
トラックバック♪